ごわごわ ブラッシング

ごわごわは髪の毛が悲鳴をあげたサイン

ツヤがなくごわごわとした髪の毛は「傷んで悲鳴をあげてる」サインです。

 

ごわごわする原因というのは「コレ!」という要因があるわけではありません。
いくつかの悪い習慣が絡み合って髪の毛が痛みごわごわしてしまいます。

 

傷んだ髪の「ごわごわ」は美容サロンにいっても当日は良くても長続きしないもの。
そこで毎日の習慣である「ブラッシングで髪のごわつき」を解消する方法を紹介します。

 

髪がごわごわするのはブラッシングが原因?

実は髪がごわごわする原因の一つにブラッシングがあります。
えっ・・ブラッシングをすれば傷んだ髪が治るんじゃないの?と思った方。

 

ごめんなさい。
実はブラッシングというのは、ブラシの質とブラッシングをする髪の環境によっては悪影響となることもあるんです。

 

本来であればブラッシングは、頭皮マッサージの効果や余計な汚れを取り除いてくれます。
しかし、ごわごわと傷んだ髪の毛には油分が不足しており、ブラッシングは決して良いといえません。

 

ごわつく髪に使用しても良いヘアブラシ

髪の毛の表面は薄い油分で覆われており通常であればブラッシングは効果があります。
しかし、傷んで乾燥した髪の毛にはブラシとの摩擦でキューティクルが損傷します。

 

キューティクルとは髪の表面を覆うウロコ状の硬いタンパク質で体でいえばお肌。
肌も摩擦を繰り返すと、ガサガサになりますが、それと一緒です。

 

しかし、ブラッシングをしないと髪がまとまらず女性にとっては一大事。

 

そのため乾燥で油分の少ない髪の毛には「猪毛」のヘアブラシを使いましょう。
猪毛のヘアブラシは、水分と油分を含んでいます。

 

そのため髪に対して摩擦を抑えるため静電気も起こりにくいです。
その上で頭皮マッサージもできるため傷んだ髪には唯一使っても良いヘアブラシになります。

 

ヘアブラシの最高峰「メイソンピアソン」

全工程をロンドンの職人がつくりあげるメイソンピアソンのヘアブラシは、平子理沙さんなど芸能人も愛用するヘアブラシです。

 

猪毛の特徴を生かしつつも猪毛の硬さで頭皮を傷めないために工夫されたクッションパッド。

 

血行促進だけでなく、ツヤのある髪にしたい女性に最適なヘアブラシです。

 

メイソンピアソンのヘアブラシ